スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu からネットワークプリンタに接続する

タイトルの通り、Ubuntuからネットワークプリンタに接続する方法のメモ。

【0】環境
Ubuntu 12.04 Precise
Brother HL-5350DN

【1】参考サイト

参考:いつか、そのとき、あの場所で。

【実行結果抜粋】

$ sudo bash linux-brjprinter-installer-1.0.4-1 HL-5350DN

以下のパッケージが見付かりました。
hl5350dnlpr-2.0.3-1.i386.deb
cupswrapperHL5350DN-2.0.4-1.i386.deb
インストールしますか? [y/N] ->y

Device URIを指定しますか? [y/N] ->y

0: beh
1: ipps
2: ipp
3: https
4: socket
5: scsi
6: ipp14
7: lpd
8: smb
9: http
10: hp
11: hpfax
12 (I): IPアドレスの指定
使用するDevice URIの番号を選択してください。 -> 12

ご使用のプリンタ/MFCのIPアドレスを指定してください。-> 192.168.1.250

lpadmin -p HL5350DN -v socket://192.168.1.250 -E
テスト印刷を実行しますか? [y/N] ->y

wait 5s.
lpr -P HL5350DN /usr/share/cups/data/testprint

スポンサーサイト

Ubuntu 12.04 に Wine をインストール

Ubuntu上でExcelを動かしたくなったので、Wineを入れてみる。

【0】環境
・Ubuntu 12.04


【1】Wineのインストール

Wineはいつものapt-getで入れられます――そう、Ubuntuならね。

$ sudo apt-get install wine


下記のパッケージがインストールされます。

cabextract fonts-droid fonts-horai-umefont gnome-exe-thumbnailer icoutils libcapi20-3 libmpg123-0 libodbc1 libopenal-data libopenal1 libpam-winbind odbcinst odbcinst1debian2 ttf-droid ttf-mscorefonts-installer ttf-umefont unixodbc unrar winbind wine-gecko1.4 wine1.4 wine1.4-common wine1.4-i386 winetricks



Ubuntu で市販DVDを再生

【環境】
Ubuntu 12.04 Precise

Ubuntuで市販のDVDを再生しようとすると、権限がないみたいな感じで怒られます。

これを回避するためには、

$ sudo /usr/share/doc/libdvdread4/install-css.sh


これでOKです。

参考:ニャンコぱぱのひなたぼっこ「ubuntu 12.04 市販DVDの再生方法」


また、DVDをISO化する際にはBraseroからDVDのコピーを選択し、出力先をイメージファイルにすればサクッとISO化できます。

UbuntuにThnikPadキーボードつないでみた。

最近、英語キーボードが気になっていたので、買ってみました。

ThinkPad キーボード


ThinkPadキーボード(英語)です。
これで、マウスともおさらばだぜ!

というわけで、簡単な設定を。


【1】NumLock解除

環境にもよると思いますが、NumLockがかかった状態だとテンキーモードになり、J,K,Lあたりをはじめテンキーを割り振られているキーの文字を打てません。
というわけで、「Fn + NumLk」でNumLockを解除します。


【2】キーボード設定を英語に変更

「システム設定→キーボードレイアウト」で「英語(US)」のキーボード設定を追加します。
変更後、Shiftを押しながら数字の2キーを押して、「@」が入力されればOKです。


【3】iBusの設定

英語キーボードには言うまでもなく「半角/全角」キーがないので、そのあたりの設定をします。

UbuntuデフォルトのAnthyだと、Ctrl+Spaceで日本語入力と英語入力の切換ができるらしいのですが、Mozcで試してみたところ切り替わりませんでした。

というわけで、「キーボード・インプットメソッド→キーボードショートカット→切り替え」で任意のキーを設定します。キーボード・インプットメソッドはUnityで検索かければすぐに見つかります。



大した設定をしていませんが、こんな感じですかねー?
ちなみに、トラックポイントは特にドライバを入れたりする必要もなく、つないだ瞬間から使用可能です。

UbuntuにVMwareでWindows7を入れてみた。

Ubuntu 12.04 上の Vmware 4.03 にWindows 7 を入れてみました。

今のところ快調。

Windowsエクスペリエンスインデックスも、

CPU:5.7
RAM:5.5
グラフィックス:6.0
ゲーム用グラフィックス:6.0
HDD:7.6

でした。

ちなみに、実行環境のハードウェアはこんな感じ。

CPU:Core2 Quad Q6600(うち2コアを割り当て)
RAM:3GB(うち1.5GBを割り当て)
GPU:Geforce GTR260(うろ覚え)
SSD:Intel 520Series 120GB(うち60GBを割り当て)

Ubuntu 12.04 に VMware Player 4.03 をインストール

こちらのサイトを参考に。
http://mag.t-mugi.info/?p=114
http://d.hatena.ne.jp/tarurut/20120506/1336301372

というか、ほぼ言いなりで進めていきます。

build環境をインストール。

$ sudo apt-get install build-essential


VMware公式サイトからVMwarePlayerをダウンロード。
ファイル名は VMware-Player-4.0.3-703057.i386.bundle でした。

このファイルに実行属性をつけてインストール。

$ chmod +x VMware-Player-4.0.3-703057.i386.bundle
$ gksudo bash ./VMware-Player-4.0.3-703057.i386.bundle


その後、以下のコマンドを実行しパッチを適用。

$ wget http://weltall.heliohost.org/wordpress/wp-content/uploads/2012/01/vmware802fixlinux320.tar.gz
$ tar xvfz vmware802fixlinux320.tar.gz


解凍してできた patch-modules_3.2.0.sh を開いて、「plreqver=4.0.2」を「plreqver=4.0.3」に書き換えてから、以下のコマンドを実行。

$ sudo ./patch-modules_3.2.0.sh
$ sudo rm /usr/lib/vmware/modules/source/.patched


その後 VMware Player 4.0.3 を起動する。

これでおkなハズ。

Ubuntu Wirelessgate ワイヤレスゲート

Ubuntu 11.10 でワイヤレスゲートの接続に成功しました。
公式サイトには対応OSとしてLinuxとかUbuntuが書かれてませんが、普通にWEPキー設定したらいけましたいえー!

ちなみに、今これをマクドナルドで書いてます。
横浜ダイエー前のマクドナルドで、下り2.08Mbps。

上々じゃないっすか。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。