スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HP MicroServerにUbuntu Server 12.04を入れてRAID1を設定

HP ProLiant MicroServer 買っちゃった☆からの続き)

MicroServer に Ubuntu Server 12.04 Precise Pangolin を入れていきます。


【0】インストール用USBメモリの作成

MicroServerには光学ドライブがついていないので、USBメモリからインストールします。
Boot用USBメモリはUNetbootinで作成しました。

Ubuntuなら、

$ sudo apt-get install unetbootin

でインストールできます。

インストール後、UNetbootinを立ちあげて、公式サイトなどから落としてきたイメージファイル(.iso)を指定してUSBメモリに焼きこみます。
GUIで直感的に操作できると思いますが、詳しい使い方を知りたければググってください。


【1】OSインストール

Ubuntuではインストール時にRAID設定をすることも可能ですが、今回はOSのインストール後に設定する方針で行こうと思うので、ブートドライブ以外は外しておきます。

MicroServerにUSBメモリを挿して、BIOSでUSBブートを指定して起動すると、UNetbootinの画面が立ち上がります。

ここで、Dafaultを選んでも良さそうなんですが、どうやらDefaultやInstallだとうまく行かないっぽいので、その下の方にある Install Ubuntu Server を選択して進みます。通常通りインストールすれば大丈夫です。面倒なので、セキュリティアップデートも自動更新に設定。

ただ、言語設定だけは日本語じゃなく英語にしておきました(日本語が文字化けするのを避けるため、また、英語の方がネット上に情報が多いためエラーメッセージをググった時に解決策等がヒットしやすいため)。

あと、どうでもいいことですが、ファイルサーバーということでホスト名をTsubasaにしました。
「お前は何でも知ってるな」「何でもは知らないわよ、知ってることだけ」


というわけで、これでOSインストール完了。


【2】いろいろな設定

まずはrootパスワードの設定。

$ sudo su
# passwd


次にもろもろのアップデート。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade


続いて、IPの固定。
/etc/network/interfaces を開き、auto eth0 と書かれている行に続けて次の内容を追記。デフォルトで書かれていたDHCPの設定行をコメントアウト。

auto eth0
iface eth0 inet static
address 192.168.0.100
netmask 255.255.255.0
network 192.168.0.0
broadcast 192.168.0.255
gateway 192.168.0.1
dns-nameservers 192.168.0.1
# iface eth0 inet dhcp

設定を反映。

$ sudo /etc/init.d/networking restart



【3】OpenSSHサーバーをインストール・設定

$ sudo apt-get install openssh-server

インストールできたら公開鍵を登録。
サーバー側でディレクトリ.sshを作る。

server$ mkdir .ssh

クライアント側からscpで公開鍵をコピー。

client$ scp ~/.ssh/id_rsa.pub username@192.168.0.100:~/.ssh

コピーした公開鍵のファイル名を authorized_keys に書き換える。

server$ mv ~/.ssh/id_rsa.pub ~/.ssh/authorized_keys

続いて、サーバー側の /etc/ssh/sshd_config を以下のように設定。

PermitRootLogin no
PasswordAuthentication no

sshdを再起動。

$ sudo /etc/init.d/ssh restart

これで、設定完了。
クライアント側でターミナルを立ちあげてSSH接続してみます。

client$ ssh username@192.168.0.100

無事、公開鍵認証によって接続できるようならOK.
以降の作業はリモートで行います。


【4】RAID1の設定

まずは、今使っているパーティションの確認。

$ df

Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/sdc1 56542432 2183680 51526268 5% /
udev 952168 4 952164 1% /dev
tmpfs 384380 240 384140 1% /run
none 5120 0 5120 0% /run/lock
none 960948 0 960948 0% /run/shm

$ ls /dev/sd*

/dev/sda /dev/sdb /dev/sdc /dev/sdc2
/dev/sda1 /dev/sdb1 /dev/sdc1 /dev/sdc5

今、OSが入ってて / にマウントされてるのが /dev/sdc1。つまり、これからRAIDを組むのは /dev/sda 及び /dev/sdb ということになります。

parted を使って、対話形式で /dev/sda にRAIDパーティションを作成していきます。
実行時のターミナルの表示・入力を抜粋して記載します。太字部分が入力項目です。

$ sudo parted /dev/sda

(parted) mklabel msdos
Warning: The existing disk label on /dev/sda will be destroyed and all data on
this disk will be lost. Do you want to continue?
Yes/No? yes
(parted) mkpart
Partition type? primary/extended? primary
File system type? [ext2]? ext4
Start? 0
End? -1s
Warning: The resulting partition is not properly aligned for best performance.
Ignore/Cancel? i
(parted) set 1 raid on
(parted) print

Model: ATA WDC WD20EARX-00P (scsi)
Disk /dev/sda: 2000GB
Sector size (logical/physical): 512B/4096B
Partition Table: msdos

Number Start End Size Type File system Flags
1 512B 2000GB 2000GB primary raid

(parted) quit

/dev/sdb も同様にパーティション作成します。

そして、RAID構築・管理ツールの mdadm をインストールします。

$ sudo apt-get install mdadm

途中、Postfixも一緒にインストールされて設定をどうするかとか聞かれますが、local onlyとかをテキトーに選びます。

RAIDデバイスを作ります。

$ sudo mdadm --create --auto=yes /dev/md0 --level=1 --raid-devices=2 /dev/sda1 /dev/sdb1

これで、/dev/md0 という名前のRAID1デバイスが出来上がります。

続いて、作成したRAID構成の状態をrootで/etc/mdadm.confに設定として保存。

# mdadm --examine --scan > /etc/mdadm.conf


作成したデバイスにパーティションを設定。

$ sudo parted /dev/md0

「set 1 raid on」を入力しないという点以外は、受け答えは基本的に同じで大丈夫です。


【5】作成したRAIDデバイスのマウント設定

起動時にデフォルトでRAIDデバイスをマウントするように設定。
/etc/fdtab にRAIDデバイスの設定を追記します。

まずは、デバイスのUUIDの取得。

$ sudo blkid /dev/md0

ここで表示されたUUIDをコピーして、/etc/fdtabを編集。以下を追記します。

UUID=240170be-3115-4d59-b943-0dc162f26cc1 /media/md0 ext4 defaults 0 0

fstabの設定を反映。

$ sudo mount -a

マウントされているかどうか確認。

$ df

Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/sdc1 56542432 2349076 51360872 5% /
udev 952168 12 952156 1% /dev
tmpfs 384380 256 384124 1% /run
none 5120 0 5120 0% /run/lock
none 960948 0 960948 0% /run/shm
/dev/md0 1951642228 28982484 1824984076 2% /media/md0

一番下に/dev/md0が追加されています。


【6】作成したRAIDのチェック

マウントしたRAIDデバイスにテスト用のファイルを書き込みます。

$ sudo nano /media/md0/testfile

ファイルを書き込んだらサーバーを落として、RAID1を組んでいるHDDを片方ずつ外して起動させてみます。
どちらを外した場合もテスト用のファイルが読み込めれば無事RAID1が設定できています。

ろばすと!

⇛続き HP MicroServer 上の Ubuntu 12.04 に Samba を入れて、VMware 上の Windows7 からアクセス

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。