スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rails バッチ処理等のプログラムの書き方

Railsでバッチ処理などのMVCに直接関係してこないプログラムの書き方まとめメモ。

・Model, View, Controllerに関係しないプログラムはlibに入れる。
・libの中には任意の名前のディレクトリを入れて整理できる。
・libに置いた.rbファイルからはコントローラー等からと同様にデータベースにアクセスできる(例:「@hoges = Hoge.all」)
・libに置いたスクリプトをオートロードするためにはconfig/application.rbに以下の2行を追記する。

config.autoload_paths += %W(#{config.root}/lib)
config.autoload_paths += Dir["#{config.root}/lib/**/"]


・プログラムの実行は「rails runner Hoge.test」

以下の記事も参照。
whenever を使って Rails で cron 的な

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。