スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ruby の builder が便利すぎる。

RubyでXMLを出力する必要があったのでメモ。

require 'builder/xmlmarkup'

xml = Builder::XmlMarkup.new(:indent => 2)
xml.instruct!

xml = xml.Hoge(:class => "test1") {
 xml.hogehoge "test2"
}


出力結果

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<Hoge class="test1">
 <hogehoge>test2</hogehoge>
</Hoge>


となる。

instruct!で<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>を挿入して、あとは任意のエレメントを記述していくだけ。
エレメントは当然ネストできるし、配列にeachを使ったりして任意の回数だけ繰り返すこともできる。

べんり!

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。